スパの魅力をたっぷり

大衆浴場を文化の一つに持つ日本。

遊びから帰ると、数百円の入浴料を握り締めて通っていた銭湯も、今ではその数も減りました。

銭湯に代わり登場したのが「健康ランド」で、湯船がおしゃれになりジェットバスやサウナ・露天風呂などが作られ、ちょっと豪華になった大衆浴場です。

この、銭湯から健康ランドへの変化が人気となったのが少し前の時代です。

現在では、「健康ランド」が古い言葉となり「スパリゾート」と呼び名が変わりました。

変わったのは呼び名だけではなく、施設そのものが、従来の銭湯や健康ランドの「風呂」という認識を越えた存在になっているのです。

スパリゾートの人気は右肩上がりで注目されています。

「お風呂で汚れを落とす」という観点から「心身共に癒しを求める空間」へと変わっています。

湯船の形や湯質に趣向を持ち、エステやセラピーを取り入れる施設も多く存在しています。

また、銭湯では考えられなかった「食事や宿泊が出来る」という部分でもスパリゾートの特徴です。

食事内容も各施設の特徴となり、素材や味付けに力を入れている施設が多いようです。

「お風呂に行く」から、「楽しく、癒される場」と表現されるようになりました。

老若男女・大人から子供まで一日中楽しめる場となり、私なりの言葉で表現させていただくとしたならば「癒されるレジャー施設」というところです。

さて、そんな人気上昇中のスパリゾートは、日本全国に数多く展開されています。

フラガールで知られる福島の「スパリゾート・ハワイアンズ」

江戸の町を思わせる「大江戸温泉物語(日本各所)」

千葉県では、都内から東京湾アクアラインを渡って直ぐの「三日月ホテル・竜宮城」

主に神奈川県全域に展開している「万葉倶楽部・万葉の湯」

同じく千葉県からは、犬吠埼の海を一望できる「太陽の里」は、ちょっと贅沢な癒しの時間を過ごせる施設です。

神奈川県の江ノ島に位置する「江ノ島アイランドスパ」は、江ノ島の海と一体感を味わえ、先の富士山を眺められる露天風呂は絶景です。

都内から、調布の「深大寺天然温泉・湯守の里」です。

都会とは思えない自然の景色を取り入れた施設になり、湧き出る天然温泉で体を癒し豊富な緑で心を癒すことが出来そうです。

会社帰りや近場でゆっくり過ごしたいと考えている方は、是非、スパリゾートに足を運んでみてください。

一気に疲れが取り除かれ、癒しを体験できること間違い有りません。

コメントを残す

メニューを閉じる