アニメオタクな私

私はもともとアニメやゲームが好きな、いわゆるオタクです。

初めて好きになった作品は幽遊白書で、以降は新世紀エヴァンゲリオン、弱虫ペダル、化物語等、沢山のアニメに感動させられたり、考えさせられたり、時には人生を変えるきっかけになった作品もありました。

そんな中で、まだ観ていなかったのが魔法少女まどか☆マギカでした。

何人かの友人から「どうしてオタクなのにマドまぎ観てないの?」「絶対面白いから!」「好きそうだよ!」とおすすめされましたが、どうも絵がこれまで好きになった作品と異なっており、興味を持てずにいました。

ある時、動画サービスのNetflixに入会し、いろいろなアニメを観てみようと思いました。

アニメ作品を探していると、魔法少女まどか☆マギカが入っていたのです。

どれ、そんなに面白いのか・・・と観てみる事にしました。

どこか顔の角度が気になると思ってみたら、大好きな化物語を作っているシャフトであるという事がわかりました。

さすがシャフト、すばらしいセンスです。

キャラは1話2話まではそこまで好きではなかったのですが、魔女の結界に入った背景や使い魔のデザインのセンスに驚きました。

なんてかわいらしくて、気味が悪いんだろう、と。

そして衝撃の3話。

私に勧めてきた友人達も「3話まではつまらないと思っても観た方がいい」と言っていた3話。

開いた口が塞がりませんでした。

マミさんのあのセリフの、あの表情の後の、あの展開。

苦しくて胸がつぶされそうでした。

明るくて夢も希望もあるような作品だと思っていました。

良い意味で裏切られました。

まさかの3話でのどんでん返し。

まどかとさやかは今後どうするのか。

とても楽しみです。

なんとなく、きゅうべぇの顔が怖いのは意味があるのでしょうか・・・。

コメントを残す

メニューを閉じる