TOP  代表理事挨拶  会員の紹介 水素とは  研究会の報告  資料  会員専用  書籍の紹介  Q&A  リンク  問い合わせ



私たちは水素についての臨床、基礎研究を進めています



マイナス水素くん 



 第4回水素と医療研究会 研究発表会プログラム 研究発表

X、急・慢性腰痛など痛み抑制効果および
皮膚の安全性に関する水素パッドの第U相試験  
九州医療スポーツ専門学校 
理事長 水嶋 昭彦

要旨:急・慢性腰痛など各種負傷69例に対して非医薬品“水素パッド”(以下 本剤)を患部へ1回のみ貼付し,20分後までの痛み抑制および皮膚への安全性を検索する第U相試験を実施した.

その結果,全例において貼付20分後までにNumerical Rating Scaleは有意(p<0.001)の低減に伴い,その改善率は著明改善および改善を併せると42%を,やや改善を含めると85%であった.

また,各負傷別および急・慢性期痛みの群間における改善率にはそれぞれ有意差が認められなかった(p=0.306、p=0.733). また,スコア法により痛みに伴う「こわばりなど」の自・他症状も有意な改善がみられた. 

以上より,本剤は急・慢性期の負傷例に対して安全で早期に痛みを抑制することが確認できた.副反応は皮膚アレルギーの1例(1.45%)に“痒み”が認められた.

痛み抑制機序は,本剤から放散されたマイナス水素イオンが経皮吸収され,炎症組織へ集束する活性酸素の消去,エンドルフィン遊出および細胞内での高エネルギー,ATP産生などが推定された.

詳細(会員専用)

 TOP  代表理事挨拶  会員の紹介 水素とは  研究会の報告  資料  会員専用  書籍の紹介  Q&A  リンク  問い合わせ

Copyright (C) 2010 SUISOTO IRYOKENKYU ASSOCIATION All Rights Reserved