TOP  代表理事挨拶  会員の紹介 水素とは  研究会の報告  資料  会員専用  書籍の紹介  Q&A  リンク  問い合わせ



私たちは水素についての臨床、基礎研究を進めています



マイナス水素くん 



注目される新たな抗酸化物質「水素」

マイナス水素イオン食品の臨床経験

佐野厚生総合病院 内科医長 内藤 真礼生

理想的抗酸化物質として働く水素

 昨今、水素が理想的な抗酸化物質として働く可能性が実験的に示され、生活習慣病などで臨床的効果のあることも示されつつある。
水素は原子量―の最小の原子であり、通常の抗酸化物質の数百分の一の大きさであることから、血液が途絶した梗塞巣や、通常の抗酸化物質が通りえない血液脳関門で守られた脳、さらには細胞内にも作用できる特性を持っている。
また、水素は、最も毒性が強いとされる活性酸素「ヒドロキシーラディカル」に特異的に作用することも証明されてきている。

電子伝達系でATP産生を促進するマイナス水素イオン

地球上の真核生物が生命を維持するのに必要なエネルギーは、細胞内器官であるミトコンドリアの内膜に存在する呼吸鎖を通して捕獲している。
ミトコンドリアのクエン酸回路の脱水素酵素反応で、食物栄養素から取り出した水素原子は、中間電子伝達体のニコチン酸アミド(NAD+)+)と結合しNDAHとして存在する。
この際、水素原子はヒドリドイオン(H-:水素原子に電子(e-)がもう一つ付加されマイナスイオン化したもの。俗にマイナス水素イオン)であることが、ハーバー生化学書にも示されている。
つまり、NADHを生成する反応では、基質分子(AH2)から2個の水素原子が同時にはずれ、1個のヒドリドイオンとI個の水素イオンができるNAD+AH2→NADH(=NAD++H-)十H+)。
このNADHが再び電子を放出し電子伝達系を通して運ばれ、ATp合成酵素によって、ADpがリン酸化され高エネルギー物質ATPが産生される。
このATPが真核細胞生物の、共通のエネルギーである。

マイナス水素イオン食品の開発と期待される作用・臨床経験

近年、創造的生物研究所の及川胤昭理学博士は、水素を窒素ガス存在下の高温高圧状態で分極してマイナスイオ化させ、食用鉱物としてのサンゴカルシウムに吸蔵させてイオン化水素化合物(還元焼成サンゴカルシウム)
を作製することに成功した。
口径接収により、体内にマイナス水素イオンを取り込み、作用させることが可能であるという。その場合マイナス水素イオンは、強力な抗酸化物質として活性酸素を消去するだけでなく、NAD+と共役して共通の細胞エネルギーであるATPの変生を促進すると考えられる。
今回このマイナス水素イオン食品を自らの意思で摂取した難治性患者数人で、マイナス水素イオンが奏功したと推測される変化が確認されたので報告する。

(1)不妊治療に発症した極度の肥満の症例

症例は四十歳の女性で、不妊治療後のホルモンバランス異常に伴うと思われる肥満。
二〇〇六年六月の段階で身長170cm、体重111kg(標準体63.6kg)、BMI38.41。
CTスキャンによる内臓脂肪測定では、内臓脂肪面積 241cm2皮下脂肪面積614㎠と正常の三倍近い内臓脂肪が確認された(図1左)。
採血検査では、Alc9.5%と糖尿病が認められた。
もともと食事制限していたためか血清画質は正常範囲であった。
減量のため、定期的な有酸素運動と、炭水化物l糖分の抑制を中心とした食餌療法を指導。
二〇〇六年十月には、12㎏の減量に成功して99㎏となりAlcも6.3%と低下したが、この時点より減量が不可能となってしまった。
二回目の内臓脂肪測定では内臓脂肪面積196cm2(図1中央)と、あまり改善が進んでおらず、ホルモン異常のため内臓脂肪が減らないことが減量を妨げているものと考えられた。
食餌・運動を守りながら、同年十一月よりマイナス水素イオン食品(一日約1.6g)を摂り始めたところ、再び体重が減少し、二〇〇七年五月にはさらに13kgの減量に成功して86kgとなりAlcも5.6%と正常化。
さらに三回目の内臓脂肪測定では内臓脂肪面積は86cm2(初期の三分の一)と正常化し、皮下脂肪面積409cm2(初期の三分の二)と大幅に減少した(図1右)。
現在もさらに減最中である。
二〇〇六年十一月以降での変化は、マイナス水素イオン食品の摂取以外には無く、これが内臓脂肪を著明に減少させ、更なる減量効果をもたらしたと考えられる。
つまり、摂取されたマイナス水素イオンがミトコンドリアのNAI+と共役してATp産生を促進させ、その結果クエン酸回路が活性化されて、栄養素である糖・脂肪酸の取り込み・燃焼が増加し、糖からの中性脂肪合成が抑制され、中性脂肪の分解過程が促進され、内臓脂肪が減少したものと思われる。

(2)非代償期のC型肝硬変の2症例

①八十二歳女性で十年来のC型肝硬変。
食道静脈瘤破裂の既往あり。平成十八年十月、浮腫・腹水・全身倦怠感・食欲不振で他院に入院するも改善なく、平成十八年十月二十七日転院。
GOT・GPTは162.100(IU/L)、アンモニアは132g/dl 。
さらに転院前より血清クレアチニン3mg/dl前後で推移しており、転院時、尿素窒素67mg/dF血清クレアチニン4.4mg/d1と腎不全状態で、CTで多量の腹水と肝硬変を確認(図2下)。
やや意識レベルも悪く、食餌は摂れるが終日臥床状態であった。
治療として前医からの肝庇護剤の注射・内服、利尿剤(フロセミド・ラシックス)の内服を継続し、また家族の希望で十月二十八日よりマイナス水素イオン食品(一日約1g)を摂り始めた。
その後、急速に血清クレアチニン値は改善し、十一月一日には1,53'十一月六日には0.89となり、入院二週間目には座位で食餌摂取が可能となった。
この時点ではまだ腹水は残存しているが(図2中央)、その後もマイナス水素イオン食品を継続したところ、肝機能も次第に改善し、十二月にはCT上腹水も完全に消失、利尿剤も中止(図2右)。
更にリハビリを進め、二〇〇七年三月には肝機能値はほぼ正常化。
四月三日退院し、家屋内では自力歩行し日常生活が可能となっている。

②五十七歳男性。交通外傷で輸血され、三十七歳時C型肝炎を発した。
肝庇護剤の内服・注射、インターフェロン治療を行い、一時肝機能正常化するも、三ヵ月後には再増悪。
その後も肝機能は徐々に低下し、肝硬変に移行。浮腫・腹水、肝性脳症、食道静脈瘤、血小板減少を認めていた、二〇〇六年八月よりマイナス水素イオン食品(一日約5.5g)を摂取開始したところ、GOT・GpTはそれ以前平均160.100(IU/L)前後であったものがニ○○七年には平均75‐50(IU/L)前後に、総ビリルビン値もJヨミら前後から3mlg/dlg後に、アンモニアはEQから30μg/dlに低下した。
またCT上も腹水は完全に消失し、現在良好な社会生活が可能となっている。
肝臓はあらゆる栄養素の分解・合成反応が起こっている人体最大の生化学工場であり、マイナス水素イオンによる人体最大の生化学工場であり、マイナス水素イオンによるATP産生促進は、急性・慢性肝炎や肝硬変など広範な肝障害において、残存肝細胞の機能を補助し、機能維持に大きな補助になる可能性があると思われた。
また、症例①での腎不全は、いわゆる「肝腎症候群」で、活性酸素大きな役割を果たしていた可能性があり、マイナス水素イオン食品が奏功したものと考えられる。

健康食品の正確な評価には多くの基礎的かつ臨床的認証が必要であることは言うまでも無いが、今年の日本脳学会では、平松緑教授らによりマイナス水素イオン食品がマウスの脳内で抗酸化作用を示したことも発表されており、今後新しい抗酸化物質であるとともに、ATP産生促進作用を併せ持つマイナス水素イオン食品の様々な臨床的可能性が期待されている。

 TOP  代表理事挨拶  会員の紹介 水素とは  研究会の報告  資料  会員専用  書籍の紹介  Q&A  リンク  問い合わせ

Copyright (C) 2010 SUISOTO IRYOKENKYU ASSOCIATION All Rights Reserved